40代でもできる!オンライン英会話でネイティブ英語に挑戦した話

オンライン英会話で本当に英語が話せるようになるの?

ぼくは小さな頃から人と話したりするのが苦手な子供だった。

コミュニケーションをとるのがとても苦手で友達も決して多くはなく初めて彼女ができたのも30手前ぐらい。

自己紹介が遅れました。
僕の名前は、まさき。ちなみに年齢は44才です。

趣味はオンライン英会話で英語の勉強をすることです。

じつは、インターネットでオンライン英会話のおすすめを調べて自分に合った受講料が安いスクールで日々英語の勉強をしています。

オンライン英会話はフィリピン人の講師が多くて最初は戸惑いましたが、コミュニケーション能力が高くて僕にはすごく魅力的です(^ ^)

そして、フィリピン人女性は綺麗な方がたくさんいらっしゃいます。

ちなみにフィリピン人の女性は英語でI love you と言われるよりもフィリピンの公用語のタガログ語で愛してると言われる方が喜ぶみたいですよ。

ちなみに僕はタガログ語で愛してるが「Mahal kita」だということまで勉強しました(^ ^)

英語の勉強をしようと思ったきっかけは、決してフィリピン人の女性が綺麗だという理由だけではなく、コミュニケーションと僕の嘘なんですよね。

それを、話すと少々長くなるのですが、あえて話そうと思います。

突き詰めると、ぼくは嘘つきだったから英語が話せるようになろうと努力をしました。
よく、ついていい嘘とついていけない嘘があるって聞いたことないですか。

たしかに、人生44年も生きていれば、嘘もついたりします。
なんでオンライン英会話をはじめたきっかけと嘘が関係あるのって思うかもしれないけど、じつはめっちゃあります!
気になる方は最後まで読んでくださいね~

嘘をひとつつくと、癖になってつかなくていい嘘までついたりします。
そして、最後には誰からも信用されなくなるんです。

大げさではありません。
実体験にもとづいた話ですから。

ぼくは29才のときに初めて彼女ができたけど、まわりの友達にはもっと前から彼女がいたと嘘を付いていました、、、
だって、20代後半にもなって彼女がはじめてできたなんて恥ずかしいじゃないですか。

でも、いま思えばそんな嘘を友達につくことが恥ずかしいんですよね。
みんなは言わないけど、彼女がずっといないことぐらい分かってたと思います。
気が付いていたけど、、、言わないだけです。

そんな嘘をつく友達って向こうからしたらいらないはず、、

ただちょっとかわいそうとか、思うかもしれないけど、きちんと彼女がほしいってぼくが言えばいいだけなんです。
そんな簡単なことに気がついたのが29才のとき。

そうです。はじめて彼女ができたときになります。

ぼくは、友達に彼女がいないのに彼女がいると嘘をついた、、、
それは、ぼく自身の問題でもあるし、もしかしたら小さな嘘なのかもしれないけど、うそはうそなんですよね。
絶対に友達に嘘なんかついてはいけないと今では強く思います。

そんな嘘がきっかけで当時は友達には前にいたはずの彼女の話ができません。
だって、、、そんな彼女はいないわけですからね。

ぼくは、前の彼女と別れていまの彼女と付き合っていると、また嘘を重ねました・・
しかも、初めてできた彼女にも前に彼女がいたけど別れたばかりと、またひとつ嘘を重ねました・・・

嘘はひとつつくと嘘で隠さないといけなくなります。
そして、つかなくていい嘘までついてしまいます。

言葉では言わないかもしれないけど、友達が友達でなくなっていきます。
だれだって嘘ばかりつく友達はいりませんからね。
当たり前のことです、、、

えっ!?
なんでオンライン英会話とぼくの嘘つきがつながるって?

信頼は簡単には取り戻せないけど取り戻そうと思うきっかけは一瞬だったよ!

じつは、オンライン英会話で英会話の勉強をしたって嘘つきはなおりません。
だって、結局は自分自身を変えないと嘘つきなんて絶対になおらないはずですからね。

でも、矛盾してるかもしれないけど、オンライン英会話でネイティブな英会話を学んだからこそ、今では嘘をつかなくなった自分がいると信じています。

前回の続きですが、彼女がいると友達に嘘をつき、初めて彼女ができたときも、その彼女に対して前の彼女と別れたばかりと嘘を重ねたぼくは、、、

知らない間に、嘘を重ねていることに気がつきました。
同時に嘘つきは信用をなくすことにも気がついたわけです。

信用がなくなるとどうなるかというと、書かなくても分かりますよね。
ずばり、誰からも信じてもらえなくなります!

ここが、ターニングポイントなんです。

誰からも信じてもらえないってのは、誰か言ってくれる相手がいなければ気がつかない、、、

もしかしたら、ぼくって誰からも信用されていないって自分で気がつく。

後者だったら自分で信用を取り戻そうと努力することができますよね。
そんな簡単じゃないけど、自分で気がつくくらいですから、きっとできるはずです!

でも、前者のようにいつまでも自分で気がつかなかったらどうですか?

答えは簡単です!
信用を取り戻すことなんて一生かかってもできないはず、、、

お恥ずかしい話ですが、ぼくの場合は友達に言われて気がつきました。
お前は嘘つきだってはっきり言われたから、気がつくことができたわけなんです。

断言しますが、嘘つきは簡単にはなおりません。
友達に言われたからって直るものではないけど、なおすきっかけを与えてもらえたわけですから感謝の言葉しかないです。
ありがとう!ゆうくん(笑)

嘘つきだって、ゆうくんから言われてからぼくがとった行動は、、、

考えることでした。

考えたって何か変わるわけじゃないけど、自分を見つめなおす時間は必要だとぼくは、ない頭で考えました。
2週間ほど、自分自身を見つめなおしましたが、、、

いま振り返れば人生でもっとも長い2週間だったと思います!
そして、僕が出した答えは?

失った信頼を取り戻すにはほんの少しの勇気と・・・

嘘をつきつづけたことでぼくが誰からも信用されていないことに気がつかせてくれたのは、友達のゆうくん。

そして、悩み続けて2週間。

ぼくが出した答えは、、、オンライン英会話で英語の勉強をする!

ではなく、嘘をつくのをやめることです!

まだオンライン英会話ははじめません、、、(笑)

当たり前のことだと思うかもしれないけど、いままでついてきた嘘に嘘を重ねることはもうできないわけですから、嘘を本当のことに訂正する必要があります。

つまり、簡単な話ではありません。
答えを出すのに2週間かかったといいましたが、言い直すと嘘を訂正する勇気を出すのに2週間かかったということです。

でも、ここからは本当に楽でした。

本当のことを友達に話すことで、返ってくるリアクションは、ほぼ同じでしたから。

最初から気がついてたよって・・・
いつ嘘をやめるのかなって考えてたって言われまくりました(笑)

本当のことを言ったからって信頼関係がすぐ修復するわけではないけど、これからは嘘に嘘を重ねなくて済むって考えると、すごく楽になったのはリアルな話です。

それに、嘘つきだと言われて誰からも連絡がなくなるのかななんて考えたりもしましたが、、、

そんな心配はいらなかったんです。

みんな、僕にこう言ってくれます。

これからは嘘をついたりしないで、なんでも相談してくれよ!
って・・・(涙)

ぼくは何か間違えてたみたいです・・・

ぼくが嘘をついたことは、もちろん悪いことだけど、、、

友達のことを信頼してなかったのは結局ぼくの方だってことです・・・

嘘をついていたぼくに怒るわけじゃなくて、もっと相談してくれって言われたわけですからね。

それからは、ぼくは当然のように友達に本当のことを話して相談するようになりました。
彼女にも本当は最初の彼女があなたでしたって隠さずに本当のことを全て話しました。

最初は信じていませんでしたが、事情を説明したら理解してくれましたし、そんなくだらない嘘はもう二度とつくなって言われました・・・
そんなことは隠すことじゃなくてきちんと言えばいいって・・・

結局彼女のことも信じていなかったのはぼくの方ですね・・・
本当にごめんなさい!

ぼくが考える嘘つきをなおす方法は、ほんの少しの勇気と相手を信じることが大事だってことです。

そんなえらそうなことをぼくが言うとおかしいけど、、、

嘘つきの気持ちは、嘘つきだったぼくがよく分かると思うんです。

次はいよいよ嘘つきをなおすこととオンライン英会話の関係を綴ります。

オンライン英会話と嘘つきのスゴイ関係って・・・

嘘つきがなおったかどうかの判断は自分ではできません。

だって、もともと嘘つきなのでまた嘘かもしれませんから・・・(笑)
自分に嘘をついている可能性もあるので、確認する方法は残念ながらありません。

でも、確かなことが一つだけあります。
それは、嘘をついても得することなんて一つもないということです。

そんなぼくは今から約15年前、29才のときに嘘をつくのをやめたと自分で勝手に思っています。
というかいまは自分自身を信じていますし、もちろん友達のことだって信じていますからね。

友達のゆうくんに嘘つきだと言われてから15年、いままで誰にも嘘つきだって言われたことはありませんし、何より守るべき家族ができたのも大きいと思います。

家族がいるのに嘘なんてついていたら、子供だって親の背中を見て育つわけですから、嘘つきになってしまいますからね。
しかも、悪気がない嘘というのは想像しただけで怖いです・・・
それは、絶対にだめですし、何よりも嘘の怖さをぼくは知っていますから・・・

そして、やっとここでオンライン英会話の登場です。
ブログをはじめた当初から言い続けていたのですが、やっと話すことができます(笑)

じつは、ぼくが嘘をつかなくなった理由の一つは友達や恋人を信じることができたこととオンライン英会話で英会話を学んだことなんです。

実際オンライン英会話と嘘つきって何も関係ないですが、僕にとってはものすごく深い関係があります。
もしかしたら世界でぼく一人かもしれないけど、、、

オンライン英会話で英会話とか英語の勉強をしようと思った理由は単純に世界に目を向けたくなったからなんです。
だって世界ってとても壮大だし、考え方も国によって違うし、なによりグローバルなほうが絶対に人生楽しいじゃないですか!

この10年の間に韓国とかタイとか中国、インドネシアなんかには行きましたが、やはり面白いし海外旅行は最高です!
でも、やはり英語は話せたほうが世界がもっとひろがるんですよ!
アジアだって言葉がそれぞれ違うけど英語が話せたらだいたい大丈夫ですし、何よりカッコいいじゃないですか・・・

英語が話せるって・・・絶対素敵だからと思い、ぼくはオンライン英会話にハマリました。
カランメソッドだって受講したし、バイリンガルの先生に教えていただいたこともあります。

ネイティブな英語をマスターするのには、もう少し時間がかかりそうだけど、絶対にあきらめません。
ちなみにぼくが受講したオンライン英会話スクールはDMM英会話です。

ネイティブキャンプやレアジョブ、なんかも試しましたが、一番しっくりきたのがDMM英会話なんですよね。

おっと話がずいぶん脱線してしまいましたが、答えをそろそろ言おうと思います・・・
やっぱり次回までとっておきます(笑)

人生をちょっぴり変えてしまうオンライン英会話ってマジでスゴイ!

ついに言いますよ。
ブログを書きはじめてからここまでひっぱってしまい本当に申し訳ないです。

でも、ここまで読んでいただいた読者には感謝の言葉しかありません。
だって、長々とぼくの文章に付き合っていただいたわけですからね。

ぼくが友達や恋人を信じることと、、、

オンライン英会話で英語の勉強をしたことによって嘘をつかなくなった理由は、、、
海外旅行で世界を見たり、英語で会話をしたりするうちに嘘なんてついて余計な時間を使っているよりも、今を楽しく生きるほうがよっぽど充実していることを思い知らされたからなんです。

人生なんて時間が限られているから、嘘で自分のことを塗り固めるより、本当のことを話して生きていったほうが絶対に楽しいはずですからね。

オンライン英会話で英語が話せるようになって、人付き合いの苦手だったぼくは、、、
いまでは海外旅行まで行って他国の人たちと普通に英語で会話をします。

ミスチルの「彩り」って歌にこんな歌詞があるんですけど、、、

なんてことのない作業がこの世界をまわりまわって
何処の誰かも知らない人の笑い声を作ってゆく・・・

なんてことのない作業がまわりまわりまわってまわって
今僕の目の前の人の笑い顔を作ってゆく

まさに、この通りだと思うんですよね。
ぼくがだれかを笑わせたら、それがいろいろなところを駆け巡って、例えば隣で寝ている妻や6才の娘のことを笑わせたりすることだってできるんです!

とにかく嘘なんてものに余計な時間を使っているくらいなら、家族や友達の楽しいことに時間を使ったほうが絶対にいいに決まってます。

それが、友達、そのときの恋人(いまは妻)、オンライン英会話などのおかげで、ぼくのことを笑顔にしてくれたんです。
オンライン英会話はきっかけの一つだけど、ぼくはそのきっかけを大事にしてこれからも誰かのことを笑顔にできるように生きていけたらなって真剣に思っています。

なにより、ぼくの妻は人生で最初に付き合った彼女でもあるし、ぼくが自分で嘘つきだって言ったときも、離れずに付いてきてくれたかけがえのない人です。

もちろん、ぼくが変わるきっかけをくれたゆうくん、友人たち、親、そしてまわりのすべての人たちに感謝しています。
いまの充実した時間を考えたら、嘘をつくなんてことは本当に時間の無駄なんです。

でも、忘れてはいけないのが、そんな嘘つきの昔の自分がいたからこそ、いまの自分がいるんだってことです。
これからも、ぼくは信じる気持ちを忘れずにかけがえのない人生を生きていきたいと思います!